ポテンシャル採用とは? 候補者を見極めるポイントや導入するメリットを解説

ポテンシャル採用とは? 候補者を見極めるポイントや導入するメリットを解説

企業が新たな人材を採用する方法としては、新卒採用や中途(キャリア)採用などが一般的ですが、近年は採用方法も多様化しています。なかでも、20代を中心とした若年層の採用に有効なのがポテンシャル採用とよばれる方法です。

その名の通り、実務経験に関係なく候補者のポテンシャルを評価し、採用を決定する方法ですが、従来の新卒採用や中途採用とは何が異なるのかわかりづらいと感じる方も多いでしょう。

そこでこの記事では、ポテンシャル採用とは何かを詳しく解説するとともに、採用プロセスのなかで候補者のポテンシャルを見極めるポイントや、企業がポテンシャル採用を導入するメリットについて紹介します。

日本最大級の「即戦力人材データベース」で
登録者を無料で検索してみませんか?

ビズリーチは、日本で初めて会員が利用料を払う「有料プラン」の提供を始めた転職サイトです。「今すぐ転職したい」人だけではなく、自らの「市場価値」や「新たな可能性」を知るために利用する人など、キャリア形成に意欲が高い会員が多く登録しています。

下記のリンクをクリックすれば、貴社の求める人材がビズリーチのデータベースにどのくらい登録されているか、「デモ画面を検索」できます。

※スカウト可能会員数(2022年4月末時点)

ポテンシャル採用とは

ポテンシャル採用とは

ポテンシャル採用とはその名の通り、候補者のポテンシャル(潜在能力)を見極めたうえで採用する方法です。具体的には、実務経験がなくても候補者の意欲や保有しているスキル、能力などを評価し、将来自社で活躍してくれると判断した場合に採用する方法といえます。

ポテンシャル採用の要件は企業によっても異なりますが、一般的には20代を中心とした若年層を対象としており、通年採用を行うケースが多いです。また、学校を卒業してから数年で退職に至った第二新卒者もポテンシャル採用の対象としている企業は少なくありません。

候補者のポテンシャルを評価すると聞くと、新卒採用をイメージする方が多いかもしれませんが、両者は何が違うのでしょうか。また、ポテンシャル採用と中途採用の違いについても解説します。

新卒採用とポテンシャル採用の違い

新卒採用もポテンシャル採用と同様、候補者のポテンシャルを評価するという点では共通しています。

ただし、新卒採用とは、学校を卒業したばかりの社会人経験がない候補者を対象に行われる採用方法です。これに対してポテンシャル採用は、明確な定義はないものの、一般的に社会人経験の有無にかかわらず、20代の候補者を対象に行われる場合が多いです。

社会人経験がある候補者もポテンシャル採用の対象となることから、新卒採用とは明確に区別されます。また、新卒採用は入社時期が決まっていますが、ポテンシャル採用は必ずしも時期が限定されているわけではないため、不定期または通年採用を行う企業も少なくありません。

中途採用とポテンシャル採用の違い

中途採用は、即戦力として期待されることがほとんどです。ポテンシャルを評価するのではなく、十分な実務経験があるかどうかが評価のポイントとなります。そのため、ポテンシャル採用とは対極的な採用方法といえるでしょう。

さらに、ポテンシャル採用は主に20代の候補者が対象となりますが、中途採用の場合は実務経験さえあれば30代、40代、またはそれ以上の候補者も対象となります。

一方、採用時期はポテンシャル採用と共通しており、不定期または通年である企業が多い傾向にあります。

対象者採用の時期評価のポイント
ポテンシャル採用主に20代の候補者通年・不定期実務経験に関係なく、意欲や保有しているスキル、能力などのポテンシャルを評価
新卒採用学校を卒業したばかりの社会人経験がない候補者毎年4月(秋採用を含め年2回の場合あり)意欲や保有しているスキル、能力などのポテンシャルを評価
中途採用実務経験やスキルがある全世代の候補者通年・不定期十分な実務経験があり、即戦力として期待できるかを評価

【無料】ビズリーチのデータベースで自社に必要な人材が登録されているか検索してみませんか?⇒159万人以上の優秀な人材が登録するデータベースで検索してみる

ポテンシャル採用が注目される理由

ポテンシャル採用が注目される理由

採用方法として一般的な新卒採用や中途採用があるなかで、なぜポテンシャル採用を行う企業があるのでしょうか。

ここでは、ポテンシャル採用が企業に求められている背景・理由について紹介します。

人手不足により人材採用が難しくなっている

少子高齢化にともない人手不足に悩む企業が増え、求人を募集しても候補者が集まらない、条件にマッチした人材を採用しにくいといった現状があります。特に中小企業の場合、大企業に比べて知名度が低いことなどから候補者が集まりづらく、一度の採用機会により多くの求職者を募集しようとすると広告費などの採用コストがかさむ場合があります。

そこで、従来の新卒採用と中途採用に加えて、新たにポテンシャル採用を設けると、採用の間口が広がり、自社が求める人材の採用につながる可能性が高まります。

多様な人材を採用することが求められている

グローバル化が進んだ現在、企業が競争力を確保するために、多様な人材を採用することが求められています。

たとえば、海外留学経験者や海外の大学の卒業者などは、従来の新卒採用や中途採用のスケジュールに当てはまらないことも多く、エントリーから漏れてしまうこともあります。そこで、このような人材を積極的に採用するために、ポテンシャル採用という枠を設ける企業もあります。

ポテンシャル採用を行うメリット

ポテンシャル採用を行うメリット

ポテンシャル採用を行うことで、企業は以下のようなメリットが期待できます。

  • 若手人材を採用できる
  • 企業の中長期的な成長につなげられる
  • 研修コストの削減

これらの代表的な3つのメリットについて、詳しく紹介します。

若手人材を採用できる

新卒で入社したものの、さまざまな理由から20代のうちに退職するケースも少なくありません。そのような若手人材は、仕事に対するやる気はあるものの、中途採用の要件には該当せず、エントリーすらできない候補者もいます。

一方、企業にとって若手人材は貴重であり、募集をかけても求職者が集まりにくいケースがあります。ポテンシャル採用を行うことで、未経験者であってもやる気や潜在能力のある貴重な若手人材の採用につなげられます。

企業の中長期的な成長につなげられる

企業の中長期的な成長を考えたとき、将来の幹部候補を今から育成しておくことは不可欠です。しかし、若手人材が不足していると幹部候補となり得る人材が不在となり、人手不足から経営が立ちいかなくなるリスクも考えられます。また、自社がもっている技術やノウハウを継承していくためにも、意欲のある若手人材が求められます。

ポテンシャル採用では、実務経験がなくても意欲のある人材を採用できる可能性が高いので、自社の中長期的な成長につなげられます。

研修コストの削減

新卒採用では社会人のビジネスマナーなどを一から教育しなければならず、研修に多くの時間とコストがかかります。

ポテンシャル採用の場合、一度は社会人を経験した候補者が多いことから、新卒採用時のような大掛かりな研修が不要な場合が多く、研修コストの削減が期待できます。

ポテンシャル採用を行ううえでの注意点

ポテンシャル採用を行ううえでの注意点

ポテンシャル採用はメリットばかりとは限らず、注意しておかなければならないポイントもあります。

  • 即戦力ではないため人材育成が必要
  • 採用のミスマッチが起こる可能性がある

ここからは、特に押さえておきたい2つの注意点を解説します。

即戦力ではないため人材育成が必要

ポテンシャル採用では、新卒採用時のような大掛かりな研修は不要な場合が多く、研修コストが削減できると紹介しました。しかし、社会人経験があるとはいえ即戦力として活躍できるケースは少ないため、実務に関する研修やトレーニングは必要です。

ビジネスマナーなどの研修は不要なこともありますが、配属先の部署やチーム内での研修ができるよう体制は整えておかなければなりません。

採用のミスマッチが起こる可能性がある

候補者本人にやる気やスキルがあったとしても、実務経験がない場合には採用のミスマッチが起こるリスクがあります。

たとえば、「興味を抱いていた業界ではあるものの、実際に働いてみたら自分に合わないことがわかった」というケースも起こり得るでしょう。このようなミスマッチを起こさないためにも、候補者の選定は慎重に行う必要があります。

しかし、エントリーシートに記載された情報や、限られた面接の時間内で候補者のポテンシャルを見極めるのは簡単なことではありません。

【無料】ビズリーチのデータベースで自社に必要な人材が登録されているか検索してみませんか?⇒159万人以上の優秀な人材が登録するデータベースで検索してみる

候補者のポテンシャルを見極めるポイント

候補者のポテンシャルを見極めるポイント

では、ポテンシャル採用において、候補者に潜在能力があるかを見極めるためには、具体的にどのようなポイントに注目すべきなのでしょうか。採用プロセスのなかで特に見落とせないポイントは以下の4つです。

  • やる気や意欲を客観的に判断できるか
  • 日頃から最新情報を収集しているか
  • ビジネスマナーやスキルが身についているか
  • 前職の退職理由を明確に説明できるか

これらの判断や見極め方について、詳しく解説していきます。

やる気や意欲を客観的に判断できるか

面接などの場で候補者自身が「やる気がある」と言っていても、それが本心であるかはわかりづらいものです。

もし、その業界や仕事に興味があり、本当にやる気があるかを判断するためには、候補者自身で何らかの学習やスキルアップにつながる行動を起こしたかを確認するとよいでしょう。

たとえば、IT業界に興味があり、未経験からプログラマーやSE(システムエンジニア)などの仕事に従事したいと考えている場合、IT関連の資格を取得しているか、自分自身でオリジナルのシステムを組んだ経験があるかなどを質問するのもおすすめです。

重要なのは、候補者自身のやる気や意欲を客観的に判断できる材料があるかということです。

日頃から最新情報を収集しているか

仕事を進めていくうえでは、上司や先輩社員からの指示を待つだけでなく、主体的に物事を考え行動していく姿勢が求められます。

しかし、ポテンシャル採用では業界未経験で実務経験がない候補者も少なくないため、主体的な姿勢があるかどうかを判断するのは難しいものです。そのようななかでも、候補者自身が自主的に業界の最新情報を収集し、学習しているかは主体性を見極めるうえでポイントとなるでしょう。

また、変化の激しい時代においては、顧客ニーズの変化やテクノロジーの進化などを敏感に察知することも求められるため、候補者のポテンシャルを見極めるために不可欠な要素といえるでしょう。

ビジネスマナーやスキルが身についているか

ポテンシャル採用の面接の際、社会人としてのマナーやコミュニケーションスキルが身についているかも重要な見極めポイントです。

清潔感のある第一印象であるかはもちろん、面接の際に交わす言葉遣いが適切であるか、論理的でわかりやすい説明をしているか、面接官の話を理解できているかなどを見極める必要があります。

たとえば、面接の際に相手の目を見て話を聞き、質問に対する回答も論理的でわかりやすい候補者は社会人としての基礎が身についているといえるでしょう。一方、面接中に落ち着きがない、または質問に対する答えがあいまいで何を伝えたいのかがわからない候補者もいます。面接という場で緊張している可能性もありますが、このような候補者は慎重に判断しなければなりません。

ポテンシャル採用では新卒採用者に行うビジネスマナー研修などを実施するケースは少ないため、社会人に求められる最低限のビジネスマナーやコミュニケーションスキルが身についていることは必須といえるでしょう。

前職の退職理由を明確に説明できるか

ポテンシャル採用は20代の社会人経験がある人材を対象とする場合が多いですが、前職をなぜ退職したのか、理由は必ず確認しておきましょう。

たとえば、「新卒では採用に至らなかったが、どうしても◯◯の仕事に従事したい」などの明確な目的意識をもち、前向きな理由で転職を決意した候補者は高いポテンシャルが期待できるでしょう。

反対に、単に「前職が自分に合っていないと感じたため退職した」などのように、退職理由がはっきりしない場合には、どういった点が合わないと感じたのか、具体的な説明を求めましょう。

それでも、明確な説明ができない、または退職に至った問題が明らかに候補者側にある場合には、自社に入社しても再び早期退職につながるリスクがあるため、慎重に判断しなければなりません。

ポテンシャル採用を成功させるためのポイント

ポテンシャル採用を成功させるためのポイント

ここまで、選考時に注目すべき見極めポイントを紹介しました。どんなにやる気のある人材を採用できても入社後に活躍できる機会がなければ、企業にとってその採用が成功とはいえないでしょう。

では、ポテンシャル採用によって入社した人材に活躍してもらうためには、企業は何に取り組めばよいのでしょうか。以下に挙げた、ポテンシャル採用を成功させるための3つのポイントを紹介します。

  • 自社が求める人材要件を明確化する
  • キャリアビジョンのすり合わせを行う
  • 人材育成の環境や体制を整える

自社が求める人材要件を明確化する

ポテンシャルがある人材といっても、採用担当者によってポテンシャルの基準はバラバラです。たとえば、専門的な資格をもっていないとポテンシャルがあると判断できない採用担当者もいれば、資格がなくてもさまざまな情報を積極的に収集しているだけでポテンシャルがあると判断する採用担当者もいるでしょう。

また、そもそも自社にとって求められるポテンシャルとは何かが理解できていない採用担当者もいるかもしれません。

そこで、求めるスキルや能力といった人材要件を明確化するとともに、採用にあたって何を最優先として判断するのかも定めておくことが重要です。

キャリアビジョンのすり合わせを行う

ポテンシャル採用の対象となる若年層は、その会社で将来どのようなキャリアを経験できるのか意識することが多いものです。

しかし、企業側が提示できるキャリアビジョンと、候補者が思い描くキャリアビジョンに乖離(かいり)があると採用のミスマッチにつながることも少なくありません。

たとえば、企業側は営業や開発、経営企画など幅広い部門を経験しながらキャリアアップを図ってほしいと考えているにもかかわらず、候補者本人は開発部門のエンジニアとしてプロフェッショナルを目指したいと考えていることもあるでしょう。

このような状態のまま入社が決まってしまうと、候補者は自分の目指すキャリアビジョンを実現できないと感じ、早期退職につながる可能性があります。そのため、入社前に企業と候補者のキャリアビジョンの認識をすり合わせておくことが重要です。

人材育成の環境や体制を整える

ポテンシャル採用では新卒採用のようなビジネスマナー研修は不要な場合が多いと紹介しましたが、業界未経験で実務経験がない候補者が少なくないため、業務に関する研修やトレーニングは必須です。

入社後に各部門へ配属が決まったら、それぞれの部署やチームのなかで人材育成の担当者を置くなどして体制を整えておきましょう。

【無料】ビズリーチで「年収600万円」の人材を2名採用すると、

どのくらいの費用がかかる?⇒コストシミュレーションを確認してみる

ポテンシャル採用を導入している企業事例

ポテンシャル採用を導入している企業事例

ポテンシャル採用に注目する企業は多く、実際にさまざまな企業で導入されています。具体的にどのような運用がされているのか、今回は導入企業の事例として3社紹介しましょう。

なお、今回紹介する内容は、いずれも2022年6月時点での情報となっているため、詳しい採用条件などについては直接企業へご確認ください。

株式会社コロプラ

スマートフォン向けオンラインゲームの開発を行っているコロプラでは、2021年度から新卒一括採用を取りやめ、ポテンシャル採用に移行しました。

就業経験がない場合でも、18歳以上28歳以下であればいつでも応募可能であり、エンジニアやデザイナー、ビジネス職、プランナーなど幅広い職種が対象となっています。

ものづくりが好きでエンタメ業界に興味がある、日本のみならず世界を驚かせるようなプロダクトを作りたいといった熱意のある人材を広く募集しています。

面接は原則オンラインで、不合格になった場合でも1年経過後は再エントリー可能です。そのため、1年の間にさまざまなスキルや資格を取得し、再チャレンジできるのも大きな魅力といえるでしょう。

参考:コロプラ「新卒一括採用」を廃止し、通年「ポテンシャル採用」へ!|コロプラベアーズ

エイベックス株式会社

エンタメ業界大手のエイベックスでは、管理部門限定で「“志”ポテンシャル採用」を実施しています。

学歴に関係なくエントリー時点で社会人歴4年未満の候補者が対象となり、配属先の部門例としては経営戦略や経営管理、広報、ITシステム、人事、総務部門などがあります。エントリー時点で対象職種や特定の部門の指定はできませんが、候補者の希望と適性を考慮し、配属先が決定される仕組みです。

採用が決まった場合の雇用形態は正社員で、入社後はコアタイムなしのフレックスタイム制(標準労働時間8時間)で就業できます。

参考:“志”ポテンシャル採用 | エイベックス株式会社

サイボウズ株式会社

働き方改革にいち早く取り組んできたITベンチャー企業のサイボウズでは、IT業界未経験者でもエントリー可能なポテンシャル採用を実施しています。

対象となる職種は技術職、ビジネス職、コーポレート職すべてにわたり、勤務地は北海道から九州、またはフルリモートから選択可能。ただし、常にすべての職種、勤務地を対象にポテンシャル採用が行われているとは限らず、採用サイトが日々更新されているため確認が必要です。

即戦力が求められる中途採用の場合、IT業界に興味はあるものの募集要項で求められている要件を満たしておらず、エントリーすらできないというケースも多いものです。サイボウズでは、そのような候補者のやる気を尊重し、IT業界にチャレンジできる採用枠を設けました。

実際にポテンシャル採用によって入社した社員は、カスタマーマーケティングや人事、カスタマーサクセスなどの部門で現在も活躍しています。

参考:ポテンシャル採用│サイボウズ株式会社

ポテンシャル採用を導入し、若手人材の採用を強化しよう

ポテンシャル採用を導入し、若手人材の採用を強化しよう

深刻な人手不足によって、20代を中心とした若手社員の採用に苦慮している企業は少なくありません。転職が当たり前になりつつある今、若い世代のなかには新卒で入社した企業を早期に退職し、次の企業を探すことに抵抗を感じない人材も多いのが現状です。

このような早期退職に対してはネガティブなイメージをもつ採用担当者が多いですが、早期退職に至った候補者のなかにも活躍が期待できる人材はおり、企業にとって貴重な戦力として成長する場合もあります。

また、海外留学の経験者や海外の大学を卒業した候補者の場合、従来の新卒採用や中途採用だけではエントリーの条件を満たせない場合もあり、そのような候補者の受け口としてポテンシャル採用を設けることは重要です。

このように、採用の幅を広げ、若手人材の採用力をさらに強化するためにも、ポテンシャル採用を一つの方法として検討してはいかがでしょうか。

ビズリーチは、データベースから自ら探して人材を直接スカウトできるので、書類選考や面談でのミスマッチを減らせます。下記のリンクから、159万人以上の優秀な人材が登録するデータベースをお試しください。

ビズリーチ導入から1年で採用コストを80%削減した企業も

採用計画に最適な料金プランをご用意しています

ダイレクトリクルーティングで、採用コストの最適化と採用力強化を実現しませんか。

貴社のお悩み・ご要望に沿って、最適な料金プランをご提案いたします。

無料 価格表をダウンロードする

著者プロフィール株式会社IKUSA

デジタルマーケティング事業を展開し、Webサイトの制作・運用・分析、記事・DL資料・メールマガジンなどのコンテンツ制作などを行う。2021年12月時点、自社で7つのオウンドメディアを運用し、月間合計600件を超えるコンバージョン数を達成。