企業にとってフォロワーシップが重要な理由とは? 社員の行動例や5つのタイプを解説

企業にとってフォロワーシップが重要な理由とは? 社員の行動例や5つのタイプを解説

企業が高い成果・業績を上げるためには、強力なリーダーシップが不可欠です。しかし、強いリーダーシップだけが重要なのではなく、リーダーのもとで働くフォロワーに求められる「フォロワーシップ」も重要な要素といえます。

この記事では、そもそもフォロワーシップとは何か、なぜ企業にとってフォロワーシップが重要なのかを紹介するとともに、フォロワーシップが高い社員の行動例やフォロワーシップを高めるためのポイントもあわせて紹介します。

日本最大級の「即戦力人材データベース」で
登録者を無料で検索してみませんか?

ビズリーチは、日本で初めて会員が利用料を払う「有料プラン」の提供を始めた転職サイトです。「今すぐ転職したい」人だけではなく、自らの「市場価値」や「新たな可能性」を知るために利用する人など、キャリア形成に意欲が高い会員が多く登録しています。

下記のリンクをクリックすれば、貴社の求める人材がビズリーチのデータベースにどのくらい登録されているか、「デモ画面を検索」できます。

※スカウト可能会員数(2022年4月末時点)

フォロワーシップとは

フォロワーシップとは

フォロワーシップとは、組織の成長や成果の向上を目的として、フォロワー(組織やチームを率いるリーダーのもとで業務を遂行する社員)が組織やチーム、リーダーのために主体的に考えて行動することを指します。また、組織全体から見た場合、フォロワーシップはリーダーを含む全社員に求められるものでもあります。

フォロワーシップという言葉は、1992年、米国のカーネギーメロン大学教授であったロバート・ケリーの著書「The Power of Followership」で紹介されました。

フォロワーシップには混同されやすい言葉や、似た意味をもつ言葉もあります。まずはそれらの言葉の違いについて詳しく紹介します。

メンバーシップとの違い

フォロワーシップと混同されやすい言葉としてメンバーシップがあります。

メンバーシップとは、リーダー・フォロワーといった立場に関係なく、それぞれの役割を果たすことで組織の成長や成果の向上を支援することを意味します。そのため、フォロワーが果たすべきフォロワーシップも、メンバーシップの一部であると考えられるのです。

リーダーシップとの違い

フォロワーシップの対義語として用いられるのがリーダーシップです。

リーダーシップとは、組織の成長や成果の向上のために、社員個人が組織全体にポジティブな影響力を与えることを意味します。組織やチームのリーダーが発揮する影響力のことをリーダーシップと考えがちですが、組織やチームの一員であれば誰でもリーダーシップを発揮することは可能です。

用語意味
フォロワーシップ組織の成長や成果の向上を目的として、フォロワーが組織やチーム、リーダーのために主体的に考えて行動すること
メンバーシップリーダー・フォロワーといった立場に関係なく、それぞれの役割を果たすことで組織の成長や成果の向上を支援すること
リーダーシップ組織の成長や成果の向上のために、社員個人が組織全体にポジティブな影響力を与えること

【無料】ビズリーチのデータベースで自社に必要な人材が登録されているか検索してみませんか?⇒159万人以上の優秀な人材が登録するデータベースで検索してみる

リーダーシップとフォロワーシップから生まれる相乗効果

リーダーシップとフォロワーシップから生まれる相乗効果

リーダーシップとフォロワーシップはともに重要であり、相互に発揮することでさまざまな相乗効果が得られます。

たとえば、リーダーが示した方針や戦略が必ずしも正しいとは限らず、時には疑問を感じることもあるでしょう。そのような場合、フォロワーが提言を行う(健全な批判をする)ことで相乗効果が生まれ、組織として成果の向上が見込めるようになります。

ちなみに、リーダーが組織に及ぼす影響力は1~2割、対するフォロワーが及ぼす影響力は8~9割にものぼるとされており、強力なリーダーシップを発揮する社員がいたとしても、リーダーが示した方針や戦略、プランに沿って実行できる社員がいなければ具現化されません。

すなわち、組織やチームが目指す方向性を決めるためにはリーダーシップが重要であり、決定した方向性を具現化し実行力を高めるためにはフォロワーシップを発揮できる社員が必要ということです。

企業にとってフォロワーシップが重要な理由

企業にとってフォロワーシップが重要な理由

これまでの企業や組織では、リーダーシップが求められることが多い傾向にありました。現在でもリーダーシップが求められる場面は多いですが、それと同時にフォロワーシップに着目する企業も少なくありません。それはなぜか、2つの理由を解説しましょう。

人手不足による管理職の負担増

求人の募集をかけても候補者が集まらず、深刻な人手不足に陥っている企業も多いでしょう。その結果、現場の業務を担いながらマネジメントも行うプレイングマネジャーが増加しています。

しかし、プレイングマネジャーは現場の業務も担うことから、必然的にマネジメントにかけられる時間が少なくなることも珍しくありません。そのような場合に、管理職を支えフォローしていくためにもフォロワーシップを発揮できる社員は重要といえます。

ビジネス環境の変化

近年では、顧客ニーズの多様化やライフスタイルの変化によって、ビジネス環境が大きく変化しています。

リーダーの決めた方針や戦略が必ずしも正解とは限らず、トップダウンによる意思決定だけでは自社のビジネス環境にとって誤った方向に進んでしまうこともあるでしょう。そこで、リーダーの意思決定に疑問を感じたとき、建設的な意見や代替案を提示できるフォロワーは重要な存在となります。

フォロワーシップが発揮されることで期待できる効果

フォロワーシップが発揮されることで期待できる効果

フォロワーシップが発揮されることで、企業にとってどのような効果が期待できるのでしょうか。企業にとって考えられる2つのメリットを解説します。

上司と部下との信頼関係構築

リーダーシップとフォロワーシップは、ともに組織の成長や成果の向上を目的としており、目的が共通しています。

上司と部下で立場や役割の違いはあっても、共通の目的が根底にあることで、お互いに建設的な意見を出し合いながら議論できます。

また、リーダーシップとフォロワーシップがどちらも重要であることを理解できていれば、上司と部下はお互いに尊重しあい、信頼関係を構築できるでしょう。

組織やチームの活性化

リーダーシップを発揮する社員だけでは、戦略やプランを具現化できずに終わってしまいます。そこで、フォロワーシップを発揮する社員がいれば、戦略やプランを正しく理解し、行動に移すことができます。

また、具体的な行動に移す社員がいれば、ほかの社員もどのような動きをすればよいのかが分かり、仕事に対するモチベーションが向上し、組織全体が活性化することが期待できます。

【無料】ビズリーチで「年収600万円」の人材を2名採用すると、

どのくらいの費用がかかる?⇒コストシミュレーションを確認してみる

フォロワーシップの2つの軸と5つのタイプ

フォロワーシップの2つの軸と5つのタイプ

先述したロバート・ケリー教授の理論によると、フォロワーシップには大きく分けて2つの軸が存在し、それぞれの軸に応じてさらに5つのフォロワーに分類できるとしています。

フォロワーシップの軸とは、「批判的思考」と「積極的関与」の2つです。

  • 批判的思考

リーダーが示した方針や戦略、指示内容などを主体的に考え、建設的な批判や提言を行うこと

  • 積極的関与

批判的思考とは対照的に、リーダーが示した方針や戦略、指示内容をポジティブにとらえ、協力的な姿勢で関与すること

さらに、批判的思考と積極的関与の2軸で考えた場合、フォロワーは大きく分けて以下の5つのタイプに分類できます。

5つのフォロワーのタイプ

5つのフォロワーのタイプはそれぞれどのような特徴をもつのか、次で解説します。

模範的フォロワー

批判的思考、積極的関与の傾向がともに高いのが模範的フォロワーです。

上司やリーダーの意見に対して主体的に考え、正しいと感じた場合には積極的、協力的に取り組みます。また、批判や提言を行う際もその理由が明確かつ建設的です。その名の通り、もっとも理想的なフォロワーといえるのが模範的フォロワーです。

孤立型フォロワー

批判的思考の傾向が高く、積極的関与の傾向が低いのが孤立型フォロワーです。

批判や提言の内容は明確かつ建設的ではあるものの、積極的に関与しようとする姿勢が少なく、評論家のようなフォロワーといえます。

順応型フォロワー

批判的思考の傾向は低く、積極的関与の傾向が高いのが順応型フォロワーです。

リーダーが決定した方針や指示内容は絶対ととらえ、忠実に従うのが特徴です。リーダーにとっては扱いやすいフォロワーと考えられがちですが、具体的な指示がなければ動かないことも多いです。

消極的フォロワー

批判的思考、積極的関与ともに低い傾向にあるのが消極的フォロワーです。

建設的な批判や提言をすることが少なく、協力的に関与する姿勢も見られないことから、模範的フォロワーとは対照的な存在であり、組織への貢献度はもっとも低いフォロワーといえます。

実務型フォロワー

批判的思考または積極的関与へ傾向が偏らず、中立的な立場を貫くのが実務型フォロワーです。

自分自身の役割や仕事に徹し、与えられた業務に対して一定の成果は出せるものの、自分自身に与えられた仕事以外には関わることがない傾向があるフォロワーでもあります。

【無料】ビズリーチのデータベースで自社に必要な人材が登録されているか検索してみませんか?⇒159万人以上の優秀な人材が登録するデータベースで検索してみる

批判的思考のフォロワーシップを発揮する社員の行動例

批判的思考のフォロワーシップを発揮する社員の行動例

模範的フォロワーは、批判的思考と積極的関与の2軸がともに高いことが分かりました。では、フォロワーシップを発揮している社員には具体的にどのような特徴が見られるのでしょうか。まずは批判的思考が高い社員の行動例を4つ紹介します。

自分自身の考えや意見を正確に伝えられる

自分自身の考えをしっかりともち、リーダーと異なる考えや意見をもっている場合にはそれを正確に伝えられます。ただし、考えや意見はあくまでも組織の成長や成果を高めることが根底にあり、なぜリーダーの意見や方針に反対なのかを明確かつ建設的に議論できることも重要です。

ポジティブに物事を考えられる

批判的思考は単にリーダーのやり方や組織としての方針を否定するといったネガティブなものではありません。単に否定するだけでなく、「こうすればもっと良くなる」「この方法に変えたほうが効率的」など、物事をポジティブに考えられることが前提といえます。

高い倫理観をもちコンプライアンス違反を見逃さない

コンプライアンス違反を疑われる内容があった場合、リーダーであっても気後れすることなく見逃さずに申し立てができます。そのためには、フォロワー自身に高い倫理観が身についており、適切な判断ができることも重要といえます。

自分自身の行動を客観的に検証できる

自分自身の行動が組織に対してプラスになっているのか、客観的に検証できることも求められます。他者に対してだけでなく、自分自身の行動も振り返りながら批判的に見つめ直すことができます。

【無料】ビズリーチで「年収600万円」の人材を2名採用すると、

どのくらいの費用がかかる?⇒コストシミュレーションを確認してみる

積極的関与のフォロワーシップを発揮する社員の行動例

積極的関与のフォロワーシップを発揮する社員の行動例

フォロワーシップのもう一つの軸である積極的関与の傾向が強い社員には、どのような特徴があるのでしょうか。こちらも4つの行動例をもとに紹介します。

業務や仕事を積極的に引き受ける

自分自身ができる業務や仕事を判断し、積極的に引き受ける姿勢が見られます。組織やリーダーのために何ができるのか、成果を高めるために自分ができる仕事を積極的に見つけ、取り組む社員は積極的関与の傾向が高いといえるでしょう。

他者の気持ちを考えられる

他者の気持ちを客観的に考えられ、協調性が高いことも重要なポイントです。さまざまな社員がいる組織で、それぞれの立場や役職の違いを理解し、敬意をもってコミュニケーションを図ることで相手を不快にさせることがありません。

また、人為的なミスや作業スピードの遅れなどが発生することも理解し、必要に応じて他者をフォローできる姿勢も見られます。

アイデアを積極的に提案する

組織として成果を上げるために、業務に有益なアイデアだと感じたら積極的に提案する姿勢が見られます。また、日頃から新たなアイデアを模索し、今よりも効率的でよい方法はないかを積極的に考え続ける社員も積極的関与が高い傾向にあります。

費用対効果を分析する

アイデアを提案するだけでなく、具体的な費用対効果も分析し説得力をもたせる姿勢も見られます。自分自身がよいアイデアだと感じていても、すべての人が理解を示してくれるとは限らないため、より多くの人に納得してもらうために費用対効果を分析し、客観的な提案ができます。

【無料】ビズリーチで「年収600万円」の人材を2名採用すると、

どのくらいの費用がかかる?⇒コストシミュレーションを確認してみる

批判的思考を高めてフォロワーシップを発揮してもらう方法

批判的思考を高めてフォロワーシップを発揮してもらう方法

フォロワーシップを社員に発揮してもらうためには、どのようなポイントが重要なのでしょうか。こちらも批判的思考と積極的関与の2軸をもとに、重要なポイントを紹介します。

批判的思考を高めるために重要なポイントとしては、次の2つが挙げられます。

自分なりの意見をもち代替案を提示する

リーダーが示した方針や指示内容に対し、自分がリーダーと同じ立場であったらどのように考えるか想定してもらいます。ここで重要なのは、リーダーからの指示が絶対に正しいととらえるのではなく、自分なりの考えや意見をもってもらうことです。

このように、批判的に考えることを「クリティカルシンキング(批判的思考)」とよび、物事を客観的にとらえ適切な判断を行うためにも重要な思考法といえます。クリティカルシンキングでは単に否定するのではなく、なぜ反対なのかを明確にしたうえで、代替案や解決策を提案してもらうことも重要です。

また、クリティカルシンキングはリーダーの指示だけでなく、自分自身の意見や考え方に対しても客観的な視点をもち、批判的にとらえることが求められます。

クリティカルシンキングを身につけるためには、書籍を読んだり動画で学んだりする方法もありますが、ビジネススクールなどで専門の講座を受講し、体系的に身につける方法もおすすめです。

積極的なコミュニケーションをとる

上司やリーダーに対して批判的な意見を述べることは、ハードルが高いと感じる人が多いでしょう。しかし、組織全体の成長に向けて、立場に関係なく意見を出し合うためには、本音で意見を出し合える環境を構築しておくことが欠かせません。

このような環境を醸成するためには、日頃から社員同士が積極的にコミュニケーションをとることが求められます。上司は部下に対して指示を出すだけでなく、意見を求め、出された意見は真摯に受け止める姿勢をもちましょう。このような姿勢を意識することで、部下は上司と意見が異なる場合でも自分の考えを伝えやすくなります。

積極的関与を高めてフォロワーシップを発揮してもらう方法

フォロワーシップを発揮するために重要な、もう一つの軸である積極的関与を高めるためにはどのような方法が有効なのでしょうか。こちらも2つの例をもとに紹介します。

他者への積極的なフォローを意識する

まずは、上司は社員が与えられた業務に専念し、完遂を目指して専念できる環境を構築しましょう。そのうえで、自分自身の業務を終えたら周囲を確認し、他者をフォローしたり、支援できたりすることはないかを考えるよう意識づけてもらうことが重要です。

他者へのフォローを行うためには、まず自分自身に余裕があることが前提といえます。一人一人に与えられた業務量が膨大だと、社員は自分の業務で手一杯になってしまいフォローに回る余裕ができません。そのため、上司は業務量を適切に調整し、特定の社員にばかり業務が集中しないよう配慮する必要があります。

また、フォローをする相手はフォロワー同士ばかりとは限らず、リーダーへのフォローも重要です。優秀なリーダーは多くの仕事をこなせると考えがちですが、リーダー一人の能力には限界があることも事実です。そのようなことを念頭に置き、フォロワーはリーダーに対して必要なフォローを行うことが求められます。

研修の実施

フォロワーが他者のフォローに回りたくても、具体的に何をすればよいのか分からないというケースも少なくありません。特に、フォロワーはリーダーの業務内容が分からず、リーダーがどのようなフォローを求めているのか理解できないこともあります。

そこで、フォロワーがリーダーに対して適切なフォローをするために、リーダーの仕事をシミュレーションできる研修を実施するのもおすすめです。

組織の成長に欠かせないフォロワーシップ

組織の成長に欠かせないフォロワーシップ

組織として成果を上げ、成長させていくには強力なリーダーシップが必要であると考えられがちです。たしかにリーダーシップも重要な要素ではありますが、フォロワーシップを発揮できる社員がいなければ組織の成長にはつながりません。

社員それぞれの立場や役割に応じて、リーダーシップとフォロワーシップの両方がバランスよく発揮されている組織が理想的といえるでしょう。

フォロワーシップを発揮するためには批判的思考と積極的関与という2つの軸が重要であり、両者を高めていくことで模範的フォロワーに近づけます。今回紹介した、フォロワーシップの高い社員の行動例や、フォロワーシップを高めるためのポイントを参考にしながら、高い成果を出せる組織づくりに生かしてください。

ビズリーチ導入から1年で採用コストを80%削減した企業も

採用計画に最適な料金プランをご用意しています

ダイレクトリクルーティングで、採用コストの最適化と採用力強化を実現しませんか。

貴社のお悩み・ご要望に沿って、最適な料金プランをご提案いたします。

無料 価格表をダウンロードする