人材紹介会社とは? 仕組みや特徴、メリット、活用のコツを紹介

企業と求職者の仲立ちをする人材紹介会社。人材バンクとも呼ばれ、求人依頼を受けた企業、登録している求職者らをマッチングし、採用・入社につなげる役割を果たします。この記事では、人材紹介会社の役割や効果的な活用方法について解説していきます。

日本最大級の「即戦力人材データベース」で
登録者を無料で検索してみませんか?

ビズリーチは、日本で初めて会員が利用料を払う「有料プラン」の提供を始めた転職サイトです。「今すぐ転職したい」人だけではなく、自らの「市場価値」や「新たな可能性」を知るために利用する人など、キャリア形成に意欲が高い会員が多く登録しています。

下記のリンクをクリックすれば、貴社の求める人材がビズリーチのデータベースにどのくらい登録されているか、「デモ画面を検索」できます。

※スカウト可能会員数(2022年4月末時点)

人材紹介会社とは

人材紹介会社とは

人材紹介会社とは、民間で運営されている有料の職業紹介業です。人材紹介会社として事業を行うためには、厚生労働大臣の認可を受ける必要があります。求人を行う企業は人材紹介会社と契約を締結し、人材を仲介してもらうのが基本的な仕組みです。

職業紹介の仕組み

企業側に対応するリクルーティングアドバイザーは、人材要件のヒアリングや求人票の作成、人材紹介などを担当。一方、求職者側を受け持つキャリアアドバイザーは、面談、履歴書や職務経歴書の添削、面接のアドバイス、条件交渉などを行います。

厚生労働省の統計によると、人材紹介会社は令和2年度時点で全国に約2万9,000社(※)あります。日本でも雇用の流動化が進んで転職が一般化してきたことや、企業のニーズの増加や細分化もあって、人材紹介会社は増加傾向にあります。

(※)有料職業紹介事業所が26,208事業所、無料職業紹介事業所が1,066事業所、特別の法人無料職業紹介事業所数が1,816事業所、特定地方公共団体無料職業紹介事業所数が706事業所

参照:令和2年度職業紹介事業報告書の集計結果(速報)│厚生労働省

人材紹介会社の料金体系

人材紹介会社の多くは成功報酬型の料金体系を採用しており、実際に採用につながった場合にのみ、企業から人材紹介会社へ「紹介手数料」として報酬を支払う仕組みとなっています。

なお、求職者から手数料を取ることは法律によって禁止されているため、人材紹介会社は企業からのみ報酬を受け取ります。

企業が人材紹介会社に支払う紹介手数料は、採用決定者の理論年収(毎月の給与に賞与を加算したもの)の30〜35%が相場とされています。ただし、人材紹介会社によって紹介手数料率は異なり、実績のある人材や役員クラスの人材を紹介しているところでは理論年収の40%以上に設定されているケースもあります。

【無料】ビズリーチで「年収600万円」の人材を2名採用すると、

どのくらいの費用がかかる?⇒コストシミュレーションを確認してみる

人材紹介会社の種類

人材紹介会社の種類

人材紹介会社は、企業や求職者への対応の仕方、扱う求人の種類などによって分類することができます。それぞれの特徴について紹介します。

一般紹介・登録型

企業の求人依頼、求職者の登録を受け、企業が求める条件に合う登録者に応募を勧めて選考が進んでいきます。人材紹介会社として、最も一般的な形態です。

サーチ型(エグゼクティブサーチ、ヘッドハンティング)

企業が求める人材要件に合致する人をスカウトする採用方法で、現在ほかの企業で活躍している人材をヘッドハンティングし、紹介先の企業とマッチングさせます。そのため、転職を考えていない人にアプローチする場合もあります。

役員クラスの人材や、専門性が高い職種に用いられるケースが多く、「ヘッドハンティング」「エグゼクティブサーチ」とも呼ばれます。

アウトプレースメント型

雇用することが難しくなった社員がグループ企業や系列企業に再就職できるよう、支援やコンサルティングを行います。「再就職支援型」とも呼ばれています。

人材紹介会社の特徴

人材紹介会社の特徴

人材紹介会社が提供するサービスを詳しく見ると、さまざまな特徴の違いが見られます。自社に合った人材紹介会社を選ぶためにも、特徴を把握しておきましょう。

総合型

幅広い職種、業種を扱う人材紹介会社で、多くの人材紹介会社はこの形態です。人材紹介会社の規模としては、大手も中小企業もあります。なかには、運営する求人サイトと連携している企業も多いです。

さまざまな求人を扱っているため、その分求職者も多く集められるのが特徴といえるでしょう。

専門型(特化型)

特定の職種、業種に絞ったり、力を入れたりと、扱う求人に特徴を持たせています。例えば医師専門、外資系に強い、サービス業に特化など、ミドル・ハイクラスに絞ったり、人材不足の業界に力を入れたりしています。転職する人や転職を考える人が増えているなか、近年増加している形態です。

専門型は、担当者が特定の業種や職種に関して豊富な知識をもっていることが多いため、より専門的なスキルをもった人材を探している企業にとっては最適といえるでしょう。

分業型

分業制の人材紹介会社は、企業とやりとりをする担当者と求職者とやりとりをする担当者が分かれている点が特徴です。通常、一人の担当者が企業と求職者の間に立ちますが、人材紹介会社によっては業務効率化を目的として分業制を採用しています。

一気通貫型より紹介してもらえる人数には期待できますが、リクルーティングアドバイザーとキャリアアドバイザーが十分に意思疎通できていない場合、ニーズに合わない求職者を紹介されるリスクもあります。

一気通貫型

一気通貫制の人材紹介会社は、分業制とは対照的に一人の担当者が企業と求職者の間に入って対応します。担当者はお互いの話をじっくり聞き、企業側のカルチャー、求職者のバックグラウンドなどを押さえてより精度が高いマッチングができることから、ハイクラス向けでは一気通貫型が多いです。

また、企業側と求職者側の担当者が同じため、比較的スピーディーな対応を実現できるのが一気通貫制の特徴といえるでしょう。

【無料】ビズリーチのデータベースで自社に必要な人材が登録されているか検索してみませんか?⇒159万人以上の優秀な人材が登録するデータベースで検索してみる

人材派遣会社や転職サイトとの違いとは?

人材派遣会社や転職サイトとの違いとは?

人材紹介会社の利用を検討する人のなかには、人材派遣会社や転職サイトとの違いがよくわからないという人もいるのではないでしょうか。ここでは、それぞれの違いについて解説します。

人材紹介会社と人材派遣会社の違い

人材紹介会社と混同されがちな存在として「人材派遣会社」があります。人材紹介会社と人材派遣会社の大きな違いとしては、雇用元が異なる点が挙げられるでしょう。人材紹介会社の場合、労働者の雇用元は紹介先の企業であり、給与も紹介先企業から支払われます。

これに対して人材派遣会社の場合は、労働者が雇用契約を結ぶのは派遣先企業ではなく人材派遣会社であり、給与も人材派遣会社から支払われます。

人材派遣会社は派遣先企業に対して労働を提供するという仕組みであり、実務における指揮命令権は派遣先企業にありますが、雇用しているのはあくまでも人材派遣会社です。人材紹介会社と人材派遣会社は根本的に仕組みが異なります。

人材紹介会社と転職サイトの違い

企業に対して人材を紹介するという意味では、「転職サイト」も似たような存在といえますが、両者にはどのような違いがあるのでしょうか。

人材紹介会社と転職サイトのもっとも大きな違いは、転職支援があるかどうかです。人材紹介会社の場合、担当者が求職者に対して条件にマッチする求人を紹介し、企業と求職者の間に立ってさまざまなサポートを行います。

これに対し転職サイトは担当者がおらず、求職者自身が求人を探して応募し、企業の採用担当者と直接やりとりする仕組みです。転職サイトはあくまでも求人情報を公開しているだけであり、企業および求職者に対してサポートを行うことは基本的にありません。

人材紹介会社の場合、求人要件に合いそうな求職者を担当者が企業とマッチングさせるため、企業側としては書類選考にかかる時間を軽減できる場合があります。一方、転職サイトは求職者が企業に直接応募するため、多数の応募者のなかから求人要件に合った候補者を絞り込むのに時間を要することがあります。

【無料】ビズリーチのデータベースで自社に必要な人材が登録されているか検索してみませんか?⇒159万人以上の優秀な人材が登録するデータベースで検索してみる

人材紹介会社を利用するメリット

人材紹介会社を利用するメリット

採用のために人材紹介会社を利用するメリットには、どのようなものがあるのでしょうか。

希望に合致した人材を紹介してもらえる

人材紹介会社は抱えている候補者の中から、依頼を受けた企業が求めるスキルや経歴、人柄などの希望や条件に合う人材をスクリーニングしたうえで、候補者を紹介してくれます。スタートアップなど採用実績が少ない企業の場合、人材紹介会社の採用ノウハウも魅力的でしょう。

採用工数を省略できる

人材紹介会社が求職者の経歴や能力、人柄などを見たうえで紹介するため、企業は採用工数を省略することができます。

採用ノウハウがなくても専門人材・高度人材を採用しやすい

優秀なエンジニアや役員クラスの人材を採用したい場合、そのような人材はすでに他社で活躍しているケースが多いことから、求人を出しても応募者が集まらないケースがあります。

そのような場合は、サーチ型の人材紹介会社へ依頼することにより、自社に採用のノウハウがなくても求める専門人材や高度人材の採用につながりやすくなるでしょう。

すぐに募集を出せる

企業が独自で採用活動をスタートさせるとなると、求人の作成から始めなければなりません。採用ノウハウが少ない企業の場合、求人の作成段階で多くの時間を要してしまい、なかなか募集に至らないこともあります。

しかし、人材紹介会社は人材採用に関する豊富なノウハウを有しているため、求人要件を整理したうえですぐに募集をスタートできます。

募集時は手数料がかからない

人材紹介会社の多くは、手数料を成功報酬型として設定しています。

たとえば、人材紹介会社に候補者を紹介してもらったとしても、書類選考や面接の結果、採用につながらなかった場合は手数料が発生しません。

非公開求人として募集できる

転職サイトや求人サイトに求人情報を掲載した場合、募集内容から自社の事業戦略が他社に知られてしまうリスクがあります。

たとえば、今後新規事業をスタートするにあたって専門的なスキルをもった人材を募集する場合、転職サイトに求人を掲載することにより、他社が新規事業の内容を推察できてしまうかもしれません。

しかし、人材紹介会社を利用すれば求人を公開することなく、要件に合った候補者を人材紹介会社がピックアップして紹介してくれます。その結果、ライバル企業などに自社の戦略を知られることなく、非公開で採用活動を進められます。

採用ノウハウ_編集部おすすめのお役立ち資料6選

人材紹介会社を利用する際の注意点

人材紹介会社を利用する際の注意点

人材紹介会社の利用にはさまざまなメリットが期待できますが、一方で注意しておきたい点もあります。

紹介数のコントロールが困難

どのような人材要件や条件を出すのかにもよりますが、紹介してもらえる候補者の数を採用企業側でコントロールすることは困難です。条件を厳しくした場合、5名採用したくても2名しか紹介してもらえない、といったことが起こる可能性もあります。

採用コストが比較的高い

人材紹介会社は一般的に、採用が決まった場合の成功報酬となるケースが多く、手数料率は人材紹介会社によって多少異なるものの、相場は30〜35%のところが多く、決して安い金額とはいえないでしょう。求人広告や自社媒体など、他の採用チャネルと比べると採用コストは比較的高くつきます。

人材紹介会社からの採用者が増えれば増えるほど、企業は高額な手数料を支払うことになります。採用予定人数が多い場合には、人材紹介会社以外にも複数の採用チャネルを活用することを検討するとよいでしょう。

【無料】ビズリーチで「年収600万円」の人材を2名採用すると、

どのくらいの費用がかかる?⇒コストシミュレーションを確認してみる

採用に関するノウハウが蓄積されない

採用に関する業務の一部を人材紹介会社が行うということは、採用業務の負担軽減につながる一方で、採用に関するノウハウは社内に蓄積されません。

今後の人事戦略を検討する意味でも、自社での採用活動も並行して進め、ノウハウを蓄積することが重要といえます。

短期的な採用には向かない

人材紹介会社を利用する場合は、企業側が特定の候補者に対して直接アプローチすることができません。人材紹介会社からの紹介を受けて候補者を絞り込むことになるため、採用活動に時間を要することもあります。

ビズリーチを使用した5社の採用成功事例

人材紹介会社の業務の流れ

人材紹介会社では具体的にどのような業務を請け負ってくれるのでしょうか。ここでは、代表的な業務の例を紹介します。

候補者の選定・紹介

人材紹介会社は、企業が求める人材の要件をもとに、その要件に合いそうな候補者を選定し紹介します。

あらかじめ人材紹介会社側が候補者のスクリーニングをするので、企業は書類選考に要する時間を軽減できます。

面接スケジュールの調整

候補者と企業の間に人材紹介会社の担当者が入り、面接スケジュールを調整します。

企業は候補者一人一人とアポイントを取る必要がなく、人材紹介会社へ一任できるため業務効率化につながります。

面接の同席・フォロー

面接スケジュールに合わせて候補者が企業を訪問し、面接が行われますが、人材紹介会社によっては面接に担当者が同席したり、フォローしたりすることがあります。

ただし、すべての人材紹介会社が面接に同席するわけではなく、企業側が希望しなければ同席しないことがほとんどです。

内定・採用手続き

採用担当者に代わり、人材紹介会社の担当者が候補者に対して内定の連絡を行います。また、内定者に対して、入社意思があるかどうかの最終確認も実施します。

入社意思の確認ができたら、必要書類の準備など、入社にあたって必要な手続きや内定者とのやりとりも人材紹介会社が行います。

入社後のフォロー

人材紹介会社によっては、入社後も採用者および企業に対して定期的なフォローをしてくれます。

たとえば、入社当日に採用者が出社しているかを確認したり、採用者に対して入社後アンケートをとって待遇条件などに問題が生じていないかを確認したりすることもあります。

人材紹介会社を選ぶ際のポイント

さまざまな人材紹介会社があるなかで、企業はどのような基準で選べばよいのでしょうか。特に押さえておきたい3つのポイントを解説します。

専門領域に特化しているか

どのようなスキル・経験をもった人材を採用したいのかを明確にしたうえで、人材紹介会社を選ぶことが重要です。人材紹介会社には、さまざまな人材を広く紹介できるところもあれば、IT分野など専門領域に特化したところも存在します。

また、役員クラスなどのエグゼクティブを専門とした人材紹介会社もあるため、領域ごとに人材紹介会社を使い分けるのも一つの方法です。

対応エリア

地域を問わず日本全国の求職者が登録している人材紹介会社もあれば、地域密着型で特定エリアのみの求職者が登録している人材紹介会社もあります。

地元採用の人材が多く活躍している企業にとっては、地域密着型の人材紹介会社がよいでしょう。たとえば、首都圏の大学を卒業した後、地元で就職したいと考える新卒者や第二新卒者の採用にもつながると期待できます。

全国に拠点があり、地域を問わず採用したい企業は大手の人材紹介会社もおすすめです。

手数料率

人材紹介会社の手数料率は30〜35%が相場とされています。ただし、一般的に、新卒者や第二新卒者を対象とした人材紹介会社は手数料率が低く、実績のある人材や役員クラスを対象とした人材紹介会社は手数料率が高い傾向があります。

新卒者を対象とした手数料率が低い人材紹介会社では、30%以下のところもありますが、役員などを専門に扱う人材紹介会社のなかには、手数料率が40%以上のところもあります。

採用予定者のスキルやキャリアに合わせて、手数料率が適切であるかも人材紹介会社を選ぶうえでの重要な判断材料となります。

【無料】ビズリーチで「年収600万円」の人材を2名採用すると、

どのくらいの費用がかかる?⇒コストシミュレーションを確認してみる

人材紹介会社を活用するコツ

人材紹介会社を活用するコツ

人材紹介会社の活用の仕方によって、採用の成否は変わってきます。ここからは、求める人材を採用するための人材紹介会社の選び方、活用ポイントを紹介します。

ターゲット層が集まる会社を選ぶ

ターゲット層が集まる会社を選ぶことが大事なポイントです。幅広く人材を求めているのであれば大手の一般登録型、少数でも高度人材や専門人材を求めているのであればサーチ型や専門型を選ぶのがお勧めです。採用ポジションごとに、どのような人材を何名採用したいかを検討し、そのうえで人材要件に合わせて活用する人材紹介会社を判断するといいでしょう。

採用の背景や求める人物像を十分に理解してもらう

紹介してもらう人物とのミスマッチを防ぐためには、自社の事情や経営・採用課題、求める人物像などを人材紹介会社の担当者に理解してもらうことも大切です。

そのために欠かせないのは、密なコミュニケーションです。担当者は複数の企業を相手にしています。担当者との連携がよりスムーズになり、自社の魅力や具体的な人材要件を知ってもらえれば、担当者にとって「紹介しやすい会社」になるでしょう。それによって、自社の求める人材と紹介される人材のミスマッチが起こりにくくなることが期待できます。

求職者の本音を教えてもらう

候補者がなかなか集まらなかったり、内定を出しても辞退されたりする場合、企業側から求職者にその理由を聞くのは難しいでしょう。ただ、人材紹介会社の担当者は、求職者からさまざまなことをヒアリングしていることが多いです。

人材紹介会社の担当者と良好な人間関係を築けていれば、担当者がヒアリングした求職者の本音や意見について伺いやすくなるでしょう。それをフィードバックして採用条件や人材要件を変更したり、採用プロセスを工夫したりすることが、よりニーズに合う人材を集める鍵になります。

【無料】ビズリーチのデータベースで自社に必要な人材が登録されているか検索してみませんか?⇒159万人以上の優秀な人材が登録するデータベースで検索してみる

他のチャネルとも同時活用で相乗効果が生まれる

他のチャネルとも同時活用で相乗効果が生まれる

ここまで人材紹介会社について紹介してきましたが、人材獲得競争は激化しています。人材紹介会社のみに頼るのではなく、他の採用チャネルも活用することで相乗効果が生まれ、よりニーズに合う人材をスムーズに採用できるようになるでしょう。以下に、主な採用チャネルを紹介します。

求人広告

多くの応募者を集めるためには、求人広告が有効です。求人広告も求人サイトや紙媒体、ハローワークなど幅広くあり、ターゲット層や採用ポジションによって使い分けるといいでしょう。

自社媒体やSNSの活用

自社への関心が高い応募者に対しては、自社媒体やSNSの活用が実効性を見込めるうえ、人材紹介会社や求人広告よりもコストを抑えることができます。また、掲載可能な情報量に制限がないため、会社の強みやアピールポイントをより丁寧に発信することができます。

社員の紹介(リファラル)

社員や知人に紹介してもらう採用方法で、「リファラル(リファーラル)採用」と呼ばれます。スキル、人格ともに信頼でき、自社に親近感を抱いて入社するケースが多いですが、選考を行わないことが多いためミスマッチが生まれる可能性もあります。また、紹介者が退社した場合に一緒に辞めてしまうリスクもあります。

スカウト型採用

人材データベースに登録している人に、企業がスカウトを送る方法です。人材紹介会社や転職サイトを介すると、担当者のスクリーニングによって潜在的ニーズを満たす人材を紹介してもらえない可能性もあります。しかし、企業が直接人材データベースを検索することで、求める人材を見つけやすくなり、アプローチする人数も企業側で調整が可能です。

また、候補者と直接やりとりすることができるため、知名度が低く、自社のことを知らなかったり、興味が低かったりする人材にも自社の魅力をアピールできるので、これまで接点のなかった人材でも採用につなげられることもあります。

ビズリーチは日本で初めて、「会員が利用料を払う転職サイト」を開設しました。有料であることに加え、入会には審査があるため、登録している人はキャリア形成の意欲が高く、能力も経験もある即戦力がそろった人材データベースです。

また、採用活動全般に役立つ資料として、人材要件定義のコツ、求人票作成の課題と見直しポイントをまとめた資料も提供しています。ぜひ一度、弊社のサービスをご覧ください。

ビズリーチ導入から1年で採用コストを80%削減した企業も

採用計画に最適な料金プランをご用意しています

ダイレクトリクルーティングで、採用コストの最適化と採用力強化を実現しませんか。

貴社のお悩み・ご要望に沿って、最適な料金プランをご提案いたします。

無料 価格表をダウンロードする

関連キーワード

著者プロフィール株式会社ケイ・ライターズクラブ

書籍やムック、企業系冊子、Web記事、動画など、さまざまな教養の実用書籍から企業・大学案内、エンタメ系ムック、官公庁や地方自体のWEB記事など、幅広いジャンルのコンテンツ制作をワンステップで行う編集プロダクション。採用や人事、マネジメント、転職などに関するコンテンツも多数制作している。