ミートアップとは?採用に活用するポイントやメリット・デメリット、開催までの流れを解説

近年、「ミートアップ」を採用手法として導入する企業が増えており、その言葉を耳にしたことがある人も多くいるでしょう。しかし、「ミートアップ」とはどんな意味なのか、しっかりと理解していない人も多いかもしれません。

本記事では、ミートアップの意味から採用に導入するメリット・デメリット、開催までの流れなどを解説します。

日本最大級の「即戦力人材データベース」で
登録者を無料で検索してみませんか?

ビズリーチは、日本で初めて会員が利用料を払う「有料プラン」の提供を始めた転職サイトです。「今すぐ転職したい」人だけではなく、自らの「市場価値」や「新たな可能性」を知るために利用する人など、キャリア形成に意欲が高い会員が多く登録しています。

下記のリンクをクリックすれば、貴社の求める人材がビズリーチのデータベースにどのくらい登録されているか、「デモ画面を検索」できます。

※スカウト可能会員数(2022年10月末時点)

ミートアップとは

ミートアップとは

「ミートアップ」とは、共通の目的を持った人たちが集まる交流会を意味する言葉です。もともと2002年にアメリカのミートアップがつくった造語で、当時はミートアップが提供するプラットフォームのことを指していました。

しかし現在では、こうした交流の場自体を「ミートアップ」と呼ぶようになっています。主催者がイベントのテーマや日程をSNSなどで告知し、興味を持った人たちが集まる形式が一般的です。

採用手法としてのミートアップ

2015年ごろから、採用手法の1つとしてミートアップが、日本の企業にも取り入れられました。ミートアップでは、集まった人たちとの交流を通じて自社の魅力を直接伝えられるため、「採用ブランディングが低コストかつ手軽にできる」と注目されています。

ミートアップを採用手法として活用する場合、開催方法はいくつかの種類にわけられます(詳しくは「ミートアップの形式とそれぞれの特徴」の項目参照)。職種や人材像などによって使いわけると、ミートアップをより効果的に採用というフィールドで活用できるでしょう。

ミートアップ採用が増えている背景

ミートアップ採用が増えている背景には、人材の採用が難しくなっている現状があります。

採用ブランディングを意識し、企業の魅力を能動的に発信し、積極的に自社が求める人材にアプローチしていく必要性が高まっている状況において、自社の魅力を直接求職者に伝えられ、転職潜在層にも働きかけられるミートアップを導入する企業が増加しました。

若手人材やミレニアム世代は、キャリアに対する価値観が多様化し、労働条件と同時に、企業のカルチャーや働きがいを重視する傾向があります。ミートアップを通じて、ホームページや募集要項では伝わらない、企業のカルチャーや雰囲気を感じてもらうことが採用を成功させる重要な要素になっているのです。

ミートアップ採用のメリット

ミートアップ採用のメリット

採用にミートアップの導入を検討するためには、そのメリットとデメリットを把握しておく必要があります。まずは以下に挙げるミートアップのメリットを理解しておきましょう。

  • 自社のファンを増やせる
  • マッチング精度の向上
  • 低コストで開催できる

自社のファンを増やせる

ミートアップのメリットの一つは、自社のファンを増やせる点です。

ミートアップには自社の従業員と参加者が交流するプログラムがあります。直接、従業員と参加者がコミュニケーションを取って、相互理解を深めることで、参加者に自社のファンになってもらえます。

また、これまで自社に興味を持っていなかった転職潜在層にもアプローチできるのもメリットの1つ。1回ごとの規模をあまり大きくしなければ、一人一人と丁寧に交流を持つ機会になります。企業に興味を持ってくれるファンが増えれば、知人の紹介などを通じて、さらにファンが増えていくサイクルを生み出せます。

マッチング精度の向上

2つ目のメリットは、企業と参加者のマッチング精度を向上させられる点です。

自社のホームページやSNSなどを利用すれば、気軽に企業の情報を発信できる一方、一方的な発信になることが多いので、それだけでは企業の魅力が十分に伝わりません。

従業員と参加者がミートアップを用いて相互コミュニケーションを取ることで、直接質問に答えられるなど、企業についてより理解を深めてもらえます。参加者に、企業の魅力を十分に伝えておけば、マッチング精度が向上し、結果として採用におけるミスマッチも起こりづらくなります。

低コストで開催できる

「交流会」と聞くと、イベント会場をレンタルするなど、高いコストが必要になるイメージを抱く人も多いかもしれません。しかしミートアップは、開催場所や開催規模次第でコストを抑えられます。

大規模にしない限り、ミートアップは自社内でも開催できますし、オンラインで実施する企業もあります。そのため場所代も不要で、低コストで開催できます。

少ない予算で企業ブランディングの構築を期待できるミートアップは、効率よく企業イメージを発信できる戦略の1つとして考えられています。

【無料】ビズリーチで「年収600万円」の人材を2名採用すると、どのくらいの費用がかかる?⇒コストシミュレーションを確認してみる

ミートアップ採用のデメリット

ミートアップ採用のデメリット

ミートアップの導入にはメリットだけでなく、デメリットもあります。以下のデメリットも理解したうえで、自社に導入するかを判断するとよいでしょう。

  • 労力がかかる
  • 人手が必要
  • 集客の工夫が必要になる

労力がかかる

ミートアップは自社で企画して開催する必要があるため、ある程度の労力が必要です。参加者の興味・関心を呼ぶテーマやコンテンツを企画し、準備するのは手間がかかるものです。

ミートアップは継続して開催することでさらなる効果が見込めます。そのためには毎回異なる企画を考え、参加者の興味を集める必要があり、人員や工数はそれなりにかかることを把握しておきましょう。

人手が必要

ミートアップを開催するには、採用担当者だけでなく、経営陣や現役の従業員の協力も必要な場合があります。たとえば、エンジニアを希望する人材向けのミートアップを開催する場合、現場のエンジニア従業員がミートアップに参加し、リアルな声を発信するほうが自社の情報を伝えられます。

そのため、開催ごとに適した従業員に参加してもらうなど、人手が必要になり、その分、予定の調整にも手間がかかります。参加する従業員の業務に支障が出ないように、スケジューリングの工夫や配慮が必要になってきます。

集客の工夫が必要になる

ミートアップの開催を告知しても、必ずしも参加者が集まるとは限りません。そのため、集客の工夫が必要になる点も意識しておきましょう。

自社のSNSやホームページを使用して、積極的に情報発信を行うと同時に、従来の求人媒体や広告を活用し、興味を持つ参加者を増やす工夫をしなくてはなりません。

ミートアップを開催するうえでのポイント

ミートアップを開催するうえでのポイント

さまざまなメリットがあるミートアップですが、やみくもに開催しても効果を十分に発揮できません。以下に挙げるポイントを理解したうえで、開催するとよいでしょう。

  • さまざまな媒体を使って集客する
  • 小規模で開催する
  • 定期的に開催する

さまざまな媒体を使って集客する

参加者が集まらなくては開催する意味がないので、幅広く集客することが重要です。ミートアップの様子が分かる写真や、楽しそうな雰囲気が伝わる内容を準備して、SNSや自社サイトを活用して発信します。

またミートアップ専用のツール、プラットフォームもあります。プラットフォームごとに利用層が異なるので、それぞれの特徴を見極めることも大切です。自社がミートアップを行っていることを知ってもらうため、さまざまな媒体を活用して集客しましょう。

小規模で開催する

ミートアップはカジュアルな交流が目的の一つのため、少人数のアットホームな雰囲気で開催することが重要です。

より多くの人に向けてと考えて、大規模なイベントにすると、労力やコストがかかります。また、参加者一人一人と交流する時間も減り、一方的な説明会のようになってしまい、参加者の満足度も低下する懸念もあります。

少規模での開催を通じて、少しずつコミュニティーを広げていくほうが効果的です。

定期的に開催する

ミートアップは参加者とコミュニケーションを取り、相互理解を深める場です。採用に活用する場合、すぐに効果が出るとは限らず、短期的な結果ばかりを狙うことは適していないといえます。

そのため、中長期的な視点で行っていくことが大切です。定期的に開催することで、一度参加した人が友人・知人に紹介するなど、コミュニティーを広げられ、新しい出会いの場として機能しやすくなります。

【無料】ビズリーチのデータベースで自社に必要な人材が登録されているか検索してみませんか?⇒179万人以上の優秀な人材が登録するデータベースで検索してみる

ミートアップ開催までの流れ

ミートアップ開催までの流れ

ミートアップを採用に活用するためには、開催までの流れや準備しておくべきことを把握する必要があります。

下記のような流れで実行すれば、ミートアップの成果もより効果的になるでしょう。また、準備不足による当日のトラブルも防ぐことができます。

ミートアップ開催までの流れとポイント

目的、テーマの設定

まずは参加してほしい人材を設定して開催する目的、テーマを決めます。

開催する目的がただ「自社に応募してほしい」では効果的なミートアップとはいえないでしょう。そのため、職種や関心のある領域ごとに開催する必要があります。そのために、どんな人材に参加してほしいか、参加者にどうなってほしいかを検討します。

そのうえで、目的を達成するために、どんなコンテンツを用意したらよいかを考えましょう。目的とコンテンツにギャップがあると、参加者の満足度は低下する恐れがあります。

告知・集客

開催の目的やテーマを決めた後は集客について考えます。

自社の公式サイトやSNSにミートアップの詳細を掲載し、情報を発信します。その情報を従業員に拡散してもらったり、求人情報を採用媒体に掲載する際にミートアップの開催日程を合わせて伝えたりする方法もあります。

また、参加者に当日の参加方法などの情報を迅速に送れるよう、メールのテンプレートを準備しておくとよいでしょう。

当日の準備

集客と並行して、開催当日のための準備も行っていきます。

ミートアップの形式が説明会型や勉強会型の場合、スライドに投影する資料や企業説明の資料が必要になります。登壇者一人ではなく、複数人の視点でコンテンツ内容と目的に相違がないように資料を確認するようにしましょう。

集まった人たちとの交流を通じて自社の魅力を直接、伝えることがミートアップの目的の一つ。参加者に伝えたいことをしっかりとまとめておくとともに、当日の流れ、どの項目にどの程度の時間を割くか、おおまかなスケジュールも用意しておくと、当日のトラブルが防げます。

開催

目的を達成できるように、当日はコンテンツを進行します。

ミートアップに参加することでしか得られない情報があると、参加者の満足度は高まるため、公式サイトなどでは知ることができない情報を伝えることを意識します。目的に応じて、経営層や現場の従業員に参加してもらって、参加者が気になることを気軽に聞けるような雰囲気をつくるとよいでしょう。

また実施後はアンケートを採るようにします。どこがよかったか、より知りたかった情報があったかなど、次回にいかせる質問を用意しておきます。

振り返り

アンケートの結果を、次回以降に実施する企画の参考にします。

定期的に開催することも重要であるため、最初の数回は参加者の満足度ばかりを優先する必要はありません。定期的に開催する過程で、ブラッシュアップし、新たなコンテンツを用意するなどしていくことが重要です。

【無料】ビズリーチで「年収600万円」の人材を2名採用すると、どのくらいの費用がかかる?⇒コストシミュレーションを確認してみる

ミートアップの形式とそれぞれの特徴

ミートアップの形式とそれぞれの特徴

ミートアップの形式には大きくわけて3種類あります。また、開催の方法も「オフライン」「オンライン」にわけられます。どんな形式で開催するのが企業にとってよいか検討するためにそれぞれの特徴を紹介します。

ミートアップの種類と特徴

交流会型

「交流会型」のミートアップとは、参加者同士が交流できる場を提供する形式のことです。

参加者と従業員が一緒に軽食をとったりしながら、ざっくばらんに話をすることができます。リラックスした雰囲気の中で質問を受け付けたり、自社の社風を伝えたりするなど、自社について、より気軽に理解を深めてもらう目的で行います。ミートアップを開催する場合に適した形式といえます。

勉強会型

「勉強会型」のミートアップとは、参加者と専門的なスキルに関する勉強会を行う形式です。

定期的に開催することで、参加者が後に転職活動を行う際に「この企業を受けようかな」と感じてもらえるように、参加者が求める内容であるかなど、内容をしっかりと考えたうえで開催します。交流会型よりも、ある程度参加者のスキルや職種を絞って開催したい場合に向いた形式で、エンジニア採用などに多く活用されます。

説明会型

「説明会型」のミートアップは、面談や面接で個別に企業説明をする機会を省くための、企業の説明を行う場として活用されています。

ミートアップには比較的、企業に関心を抱いてくれている参加者が多いため、その後の選考にもつなげやすいのが特徴です。

オフライン開催

ミートアップの開催方法はオフラインとオンラインの2つがあります。オフライン開催の場合、実際に企業の従業員と参加者が対面で話ができます。従業員が質問されやすい雰囲気をつくることで、自社のアピールも効果的になります。

また、企業の従業員の雰囲気から、実際に「どんな人材が働いているか」など、オンラインでは伝わってこない情報にも触れやすく、より自社について深く知ってもらえる側面があります。

オンライン開催

コロナ禍以降、オンラインでのミートアップが主流になっています。オンラインの場合、全国どこからでも参加できるため、地方在住の転職潜在層にもアプローチできるのが大きなメリットです。

また、ミートアップに参加する心理的なハードルは低くなります。対面と異なり、画面越しのコミュニケーションでもリラックスした雰囲気をつくるためには、冒頭でアイスブレイクを入れるなどの工夫が必要です。

採用にミートアップを取り入れている企業事例

採用にミートアップを取り入れている企業事例

すでに日本企業にも導入されはじめているミートアップ。採用に取り入れ効果的に活用している企業を紹介します。

株式会社メルカリ

フリマアプリが人気のメルカリは、2016年から採用活動にミートアップを導入しています。

エントリーの際に、「聞きたいこと」や「職種」をヒアリングし、それをもとにテーマを設定しているのが特徴です。参加者同士の交流も深まり、質の高いイベント内容でミートアップを成功させています。

開催10カ月で700人以上が参加し、参加者を通じて採用につながったケースもあります。また、ファンを増やすためのミートアップイベントも開催するなど、企業側から積極的なコミュニケーションを図っています。

参考:メルカリ好きな人が200人集結!「Mercari FANS MEETUP」を開催しました|メルカリびより

キャディ株式会社

製造業向けの受発注プラットフォームを提供するキャディは、2018年からミートアップに力を入れています。

キャディのミートアップは、プレゼンよりも座談会形式が多く、「参加者に話せる場を提供すること」を重視しています。

また、企業のホームページでミートアップの開催情報を積極的に発信するなど、ハードルを低く設定して開催の回数を重ねることを意識しているといいます。回数を重ねていった結果、参加者からの評価も高まり、1年で90人を採用した実績があります。

参考:キャディ株式会社採用イベント情報|ミートアップ

【無料】ビズリーチのデータベースで自社に必要な人材が登録されているか検索してみませんか?⇒179万人以上の優秀な人材が登録するデータベースで検索してみる

まとめ

まとめ

採用活動に取り入れることにより企業のファンを生み、マッチング精度の向上も期待できるミートアップ。低コストからはじめられる点や、参加者側の心理的ハードルが低い点も魅力です。

開催形式もさまざまなので、自社の状況や場面に応じた活用がしやすい手法といえます。本記事で紹介した開催するポイント・メリットなどを参考に採用活動に取り入れられるか検討してください。

ビズリーチ導入から1年で採用コストを80%削減した企業も

採用計画に最適な料金プランをご用意しています

ダイレクトリクルーティングで、採用コストの最適化と採用力強化を実現しませんか。

貴社のお悩み・ご要望に沿って、最適な料金プランをご提案いたします。

無料 価格表をダウンロードする

著者プロフィール株式会社ケイ・ライターズクラブ

書籍やムック、企業系冊子、Web記事、動画など、さまざまな教養の実用書籍から企業・大学案内、エンタメ系ムック、官公庁や地方自体のWEB記事など、幅広いジャンルのコンテンツ制作をワンステップで行う編集プロダクション。採用や人事、マネジメント、転職などに関するコンテンツも多数制作している。