昔話「桃太郎」に学ぶ 仲間集め3つの極意

昔話「桃太郎」に学ぶ、仲間集め3つの極意 ~なぜ、桃太郎は、きびだんご1つでお供を増やせたのか~

「桃太郎」は昔話として、有名なお話の一つです。ストーリーの原形ができたのは室町時代といわれていますが、それから現在に至るまでの600年以上もの間、継承され続けています。

「なぜ、桃太郎は、きびだんご1つでお供を増やせたのか」

「なぜ、桃太郎は、鬼退治を成し遂げられたのか」

「そもそもなぜ、おばあさんは特別な桃を拾えたのか」

人々が出会い、関わり合う社会のなかでどう生きていくかを「桃太郎」は教えてくれます。

昔話「桃太郎」には、人材の採用や育成に悩んでいる担当者の方にとって、採用力を高めるうえでのヒントがいくつもあるのです。

なぜおばあさんは、「特別な桃」を拾えたのか?

物語は「むかしむかし、あるところに、おじいさんとおばあさんが住んでいました。ある日、おじいさんは山へしば刈りに、おばあさんは川へ洗濯に行きました」と始まります。「桃太郎」という昔話は、毎日毎日、川に行って洗濯をし続けてきたおばあさんが、「突然やってきた桃」と出会った「ある日」の出来事をきっかけに始まるお話なのです。

おばあさんは横着をせず、流れるきれいな川の水で、毎日一つ一つ丁寧に手洗いをすることを大切にしました。

もし、おばあさんが川へわざわざ洗濯をしに行かなかったら――。おばあさんは桃に出会うこともなければ、子供を育てることにもならず、子供が鬼退治をし、その子供が宝物を家に持って帰ることもなかったでしょう。おばあさんが「ある日突然やってくる桃=チャンス」を得た裏側には、その日に至るまでに重ねてきた地道な努力の積み重ねがあったのでしょう。

採用力を高めるヒント

▼桃太郎のおじいさん・おばあさんから「リーダー育成」の心得を学ぶ方はこちら▼
昔話「桃太郎」のおじいさん・おばあさんに学ぶ リーダーを育てる3つの心得のダウンロードはこちら

資料をダウンロード

資料では、昔話「桃太郎」に沿って、仲間集めの極意と採用力を高めるポイントをわかりやすく解説しています。

企業の成長に「人」は欠かせません。桃太郎のように「攻めの採用」で、良い仲間を集められる「採用力」を持つことは、「企業力」の向上につながるでしょう。

採用の観点から「桃太郎」のお話を、あらためて読んでみませんか。

ビズリーチ導入から1年で採用コストを80%削減した企業も

採用計画に最適な料金プランをご用意しています

ダイレクトリクルーティングで、採用コストの最適化と採用力強化を実現しませんか。

貴社のお悩み・ご要望に沿って、最適な料金プランをご提案いたします。

無料 価格表をダウンロードする

関連キーワード